すぐに取引できる海外FXの魅力

NO IMAGE

近年、誰でも手軽に始めることができる投資の方法として知られているのがFXです。
一般的に日本人が取引する口座は、日本国内の証券関係の口座になります。
実は、国内のFXに関しては少々ハードルが高いと言われています。

それは口座開設時の審査にあります。
国内口座で申し込みをして審査に落ちてしまったという事例もあります。それは、取引に関する資産が不足していることにありました。
いわゆる余剰資金が潤沢になく少額を提示したところ審査に落ちてしまうということもあるようです。

そんなときにインターネットで「FX」について検索していたら、海外のFX口座が日本でも取引できることを知りました。

実は、海外の口座は、国内口座に比べても比較的簡単に開設ができます。
しかし、たくさんの口座があってどの口座に登録すれば悩むのが正直なところでした。
そのため、「国内口座の審査に落ちてしまったけど、FXの取引がしたい」という人にはすぐに申し込みができておすすめです。

そこで感じたことは、国内に比べても500倍や1000倍などのハイレバレッジで取引できることでした。
それは利益を出せたときには魅力的なことですが、逆に損失が出てしまった場合は反対の意味を持つことを念頭に置いておく必要があります。

入金額に関しても1万円から数万円ほどの金額で500倍のレバレッジの場合、500万円分の取引ができます。順調に利益を重ねているときには、効率よく資金を増やすことができるのが魅力だと思いました。

なぜ、海外FXで日本人が高レバレッジで取引ができるのか、その理由は、日本の「金融庁」の管轄ではないからです。
国内FXは当然のことながら金融庁に登録する必要があります。登録すれば、「レバレッジは最大25倍」までという上限があるからです。逆に海外FXは、日本以外で運営しているため、金融庁に登録する必要がないつまり無登録でも運営することが可能です。

中には、国内に支部があってもあえて登録していないという業者もあるほどです。
だからといって海外FX会社が「無許可」あるいは「無登録」で運営されているのかというと、外国の金融関係の省庁で登録し許可をもらっているため、国内登録がなくても安心して取引ができます。
海外FX業者に登録を希望する場合は、インターネットで情報を調べるのが望ましいです。